訪問歯科診療

訪問歯科診療

 日本は平均寿命の着実な伸びと出生率の極端な低下により、世界に例を見ない速さで人口の高齢化が進んでいますが、これからは単に長く生きるだけでなく、健康で生きがいを持って暮らせる高齢社会の実現が望まれます。
 高齢者、特に要介護高齢者の口腔機能の低下、口腔衛生状態の不良により歯科疾患の発生・悪化のみならず全身疾患にも影響を及ぼすことが明らかになっております。
 本会では高齢者等の口腔ケア・歯科治療の充実を図るため在宅歯科医療連携室を設置し訪問歯科診療の充実を図っております。
 訪問歯科診療は在宅等において療養を行っており、病気やケガのため通院による歯科診療が困難な患者さんが対象になっております。
 訪問歯科診療の対象になるか、ならないかは、歯科医師が患者さんごとに判断することになっており、通院が困難となった病名、状態、理由などの患者の状況を参考に判断をいたします。訪問歯科診療の訪問先は患者さんが居住している戸建住宅やマンションや下記の施設等です。

※ショートステイは2種類あります。

○短期入所生活介護
訪問歯科診療の対象
○短期入所療養介護
訪問歯科診療の対象外

※デイサービス(通所介護)やデイケア(通所リハビリ)のサービス提供を行っている施設では訪問歯科診療の対象になりません。

 訪問歯科診療は歯科医院で治療に使用する機材をコンパクト化したもので治療を行います。通常はベッド・椅子で治療できますので、特に何か準備していただく必要はありません。
 入れ歯の修理や製作、むし歯の治療、抜歯など原則的には通常の院内治療とほぼ同じ歯科治療ができますが、使用できる治療用の機材が限られるため、患者さんの状態によっては無理な場合もあります。
 また、歯科衛生士が訪問して口腔ケア(歯の磨き方や入れ歯の手入れの仕方)も行います。口腔ケアにより、口腔内を清潔に保つと誤嚥性肺炎・感染症等が予防できます。
 歯科訪問診療を希望される場合は、かかりつけ歯科医がいる場合は、その先生にご相談ください。かかりつけ歯科医がいない場合や、どこの歯科医院へ訪問歯科診療を頼んでいいかわからない場合には、下記までご連絡ください。

富山県歯科医師会 在宅歯科医療連携室

訪問歯科診療